東京大学

九州大学
京都大学
北海道大学

日本に留学する優位

日本政府が壮大な留学生を募集する計画がある上で日本に留学する成功率は高いしビザも取りやすくて99%です
アルバイトができます。日本にはアルバイトのチャンスが多くて留学生にアルバイトを提供するチャンスも多いです。日本の法律には留学生のアルバイトは許すことになっています。
一年間の留学の経費は生活代を含めても約ヨーロッパ或いはアメリカへの半額ぐらいです

日本の教育管理は、西洋の国よりもっと厳しいですから、長い間に養成された管理式と習慣に慣れられた中国の学生に合います

————————————
————————————
————————————
生活には簡単で便利です。日本は中国とあんまり遠く離れていないし気候や生活の方式や文化と習慣などは中国のとよく似合います。飛行機で利用する場合にはある国内の航空線より近いです。

国内の日本語育成

日本式のしょうにんずクラス

フリータイム

プライベートの指導者

留学のプローサービス

弊社は生徒の能力レベルによってまた勉強の都合により留学の指導と支援を手配します

入学の時間を決定

予備校を選ぶ

予備校を決定

申込書を入力する

申込書を提出

入学許可を待つ

入学許可を受け取り

受験料を払う

滞在資格の申し込み

滞在資格の許可を受け取る

学費を払い

ビザの手続きをする

入国の許可を受け取り

留学の生活をスダートする

国内の日本語育成

地理的位置が優れている

コースが豊富だ

課外活動が豊富だ

高校の秋季運動会

課外活動が豊富だ

高校の秋季運動会

入学コースが完全に備わっている

日本の高校に入学する優位

我が国の高校の在校生は、日本の高校に入学すると、卒業書を提供する必要がありません。また、日本語能力にも要求がありません。ビザの許可率は99%です

日本には海外からの留学生を受け入れる高校はある程度少ないですが、合宿と全閉鎖式学校で、生活と勉強が全て校内で行いますし、専門の指導者が面倒を見ます。留学生が外出する場合にも専門の教師が案内します。とても安全です

日本の高校に入学したら、もっと早く、日本語が上手になれるし、また、英語が日本の高校の必修科目で、同時に、両方とも勉強できます

日本の高校を卒業したら、日本の大学に入学するのは簡単になります。基本的なレベルを果たされば、日本に留学した高校生はほとんど日本の大学に入学できます。例えば、一番有名な「明徳義塾」学校は、留学生の特殊性を配慮する上に、推薦で大学に入学する定員を編成します。だから、数年来大学に入学できなかったことがありません

一年間の留学の経費は、生活代を含めても、約ヨーロッパ或いはアメリカへの半額です。また、アルバイトで生活代とか学費を自ら稼ぐことができます

日本の大学に留学する

主な入学方式

1.高校卒業生は、日本語のレベルがN4或いはJ.TEST EFに達した場合、日本へ言語学校で日本語を勉強し続けます。その間に、EJUの留学試験を受けて、出願書類と受験の申し込みを学校に預かります。学校に審査された後、入学受験の知らせ及び最後の合否結果通知書を待つことです。高校一年生から三年生までいつでも勉強できます。「紅日教育」には定期と非定期の日本語教室を行っています。生徒のご都合により、オーダーメイドのコースを手配します。

2.日本語のレベルがN2以上達した、直接に国内で日本の大学の入学試験を受ける場合もあります。何カ所の日本の大学は中国の現地で募集しています。

入学の準備

中等学校の卒業生と高校在校生

1.中等学校の卒業書の原稿

2.中等学校の三年間の成績報告書の原稿

3.高校在校生及び卒業予定の証明書の原稿

4.手元に有る高校の成績報告書の原稿

5.統一試験の認定(高校二年の統一試験を受けた生徒のみ)

日本の研修生の留学修士予備科と修士の申し込み

「研究生」は何ですか

日本の教育体制が中国のと違うから、日本語の「研究生」は中国語の「硕士」とは言えません。実際には、ただ、大学とか大学院の聴講生或いは履修生です。私たちは日本語の「研究生」を中国語の「硕士预科生」と言われています。日本には、「研究生」を大学部に入れます。「研究生」の段階には、奨学金と授業料減免の許可はなかなか取り受けられません。日本には「硕士」を「修士」と言われています。「博士前期」とも言われています

「研究生」の役割

「研究生」の申し込み

「研究生」とは、この段階に、学生と指導教官は互いによく知っていることができます。また、指導教官が学生の能力とレベルに対する考察をする過程です。特に、本校と自国から卒業した学部生ではない方にとっては、ある研究所にて必要がある基本的な知識と方法をよくとらえるのに役立ちます。

 海外の留学生にとっては、「研究生」の段階に、また、海外の生活になれることと言語の問題を解決することにも役立ちます

まず、指導教官からの認可が必要です。日本の大学には、指導教官は「研究生」を採用する決定権を持っています。もし、前もって、指導教官からの認可を取らなかったら、大学院に入学の申し込みを直接に出しても、大学院から専攻や研究学科を指定してもらいません。すなわち、指導教官からの認可を取らなかった上に、大学院はあんまり学生からの申し込みを受け入れないことにしています。逆に言えば、指導教官からの認可をもう取ったら、指導教官から大学院に申し込みを出すと、採用の成功率はとても高いです。

連絡先陆老师/胡老师
電話番号:13967990036/13906793839
企業公式サイト
公式微信
宛先浙江省東陽市振興路
在线客服
 
 
——————
ホットライン
13967990036
13906793839
オンライン申し込み
名前
*
電話
*
メール
*
メッセージ
*
確定